小説は愛とセックスの教科書

小説は愛とセックスの教科書!

日本人は中国から輸入した文字を独自に発展させました。表意文字である漢字をもとに、意味をもたない「かな」というユニークな表音文字を奈良時代8世紀ごろにしています。同じように漢字を使っていた朝鮮半島で、表音文字ができたのは15世紀になってから。なんと7世紀も先を行っています。

日本人が表音文字を必要としたのは、それだけ文字文化が発展していたからにほかならないでしょう。古代の日本人がオリジナルの文章芸術を生み出していたからこそ、「ひらがな」を発明できました。漢字を発明した中国ですらできなかったことを、小国の日本が千数百年も前に成し遂げたわけです。私たちは、その伝統を受け継ぎ、守っていかなければならないはずです。

小説は日本のほこり