著名な文学作品を無料で楽しむ読書 青空文庫リーダー

教養として、有名な文学はしっかりと押さえておきたいと思っている人もいらっしゃるでしょう。文庫本で購入したり、図書館で借りたりするのも1つですが、それよりも便利な方法で閲覧することが可能です。それを可能としたのがi読書ー青空文庫リーダーです。ここではその魅力についてご紹介しましょう。

i読書ー青空文庫リーダーとは?

i読書ー青空文庫リーダーの最大の特徴は、著作権が切れている有名な文学を全て無料で閲覧できるということです。例えば国語の教科書などに載っているような有名な文学や著者の本がすべて無料で読むことが出来るのです。日本だけでなく、海外の作品もすべて見ることができるので、有名文学を楽しみたいという人には適しているアプリケーションであると言えるでしょう。もちろんダウンロードも無料です。

複数端末に対応している

同アプリケーションの特徴は、iPhoneだけでなくさまざまな端末にも対応していることです。iPadやMacなどでも楽しむことが出来ます。作者名や作品名など色んな視点から検索することが可能です。無料でいつでもどこでも読むことができるので、例えば読書感想文などにも活用することが出来ます。他にも気になるところにチェックを入れることも可能。読む場合はその書籍をダウンロードして読むことが出来ます。閲覧する場合も背景色や文字色、フォントや色彩、文字の大きさなどを調整して読むことが可能です。もし著名な文学を楽しみたいと思っているのであれば、このアプリケーションは必携であると言えます。

有料版のi文庫Sもおすすめ

有料版のi文庫Sと呼ばれるアプリケーションもあります。まずアプリをダウンロードして開くと、最初からダウンロードしなくても230冊もの文学作品や絵本などがインストールされています。すぐに楽しめるのも特徴。さらに読む作品に困った場合は、そのうち人気順で探すことも可能です。他にもDropboxやiTunesを使ってデータを他の端末と同期することも可能です。縦読みや横よみ、背景色なども自由に変えることができるので、自分の希望する形で読み進めることが出来ます。もちろん電子書籍の購入も可能で、小説のみならずビジネス書やマンガなども楽しむことが出来ます。ピンチすることで拡大縮小が容易にできるので、マンガの読書体験もよりスムーズに。読みやすさもありますが、何より使いやすいインターフェースが最大の特徴。どのアプリケーションをダウンロードすべきか迷っているのであれば、一度このアプリを試してみるといいでしょう。もちろんiPhoneだけでなく、iPadでも読書を楽しむことが可能となっています。